写真素材のRAW形式とは?

最近本格的なデジタル一眼レフやミラーレス一眼や、一部のコンパクトデジタルカメラでこの形式が使われる様になってきたので、耳にしたことがある人も多いと思います。
ちなみに一般的な記憶形式で多いのはJPGです。これはみなさんおなじみだと思います。

英吾でRAWは生と言う意味ですが、デジタルカメラの世界のRAW形式も、生、未加工のデータからその名前が付いています。
従来のフィルムカメラありますよね。フィルムカメラはシャッターを切ると、その光の状態をフィルムに保存します。
そのフィルムをカメラ屋さんに持って行って、現像して初めて写真が出来上がります。

フィルムカメラで言う写真はデジタルカメラで言う所の画像、そうJPEG形式などの画像がそれにあたります。
RAWは何かと言うと、フィルムカメラで言う現像前のフィルムみたいな状態のデータなのです。

RAW形式は光の強さのデータなので、そのままでは映像として見る事は出来ません。
この光のデータを処理して、フィルムカメラの現像の様な処理をして、JPEG形式などの見られる画像形式に変換する必要があります。
こう言われると、従来のデジタルカメラの様にそのままJPEGで出した方が楽、逆に面倒になっているのでは?と思うも知れません。
しかし、この変換前の生データと言う素材があるおかげで、自由度が広がりカメラの幅が大きく広がるんです。

RAWデータには光の膨大なデータが入っているのでこれを元に、RAW現像ソフトと呼ばれるもので調整して、最終画像に変換します。
カメラを買うとそのメーカー毎の現像ソフトが、おまけとしてCDに付いてきますよね。

現像ソフトを使って、ホワイトバランスや露出や色調などのバランスなど細かく調節する事ができます。
それもJPEG形式の画像からフォトショップなどの画像ソフトで出来ると、また思うかもしれません。
しかし処理されたJPEGデータの暗い部分など、それ以上明るくならなかったり、黒くつぶれていたりします。
それはもうその限定されたデータしか残って無いからです。

RAW形式のデータだと以前より見栄えのする写真などの表現できると思うので、是非挑戦してみて下さい。

カテゴリー: 画像とraw